手前味噌ですが、これは、私の代表作と言えるのではないか、とひそかに思っている一冊が、『新しいカウンセリングの技法 カウンセリングのプロセスと具体的な進め方』です。
基本的なことからはじまり、次第に、ぐっと深い内容に具体的に入っていきます。
カウンセリングの学習をはじめるときに最初に読む本はとても重要です。ぜひこの本から、お読みください。
また、カウンセリングをかなり学ばれた方でも、新な発見がたくさん含まれています。
枠のことなど、カウンセリングの本質を改めて考えることのできる内容になっています。
読まれて感想などいただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました