7月17日大阪で古宮昇先生とのジョイント講演があります。

年に2回開催で、今回は、「ふれあいが生きる力に」といったテーマでお話しし、後記おこなわれるに2回目につなげていきたいと思います。

古宮昇先生は、『やさしいカウンセリング講義』など、本当にいい本を書かれている方で、著書にも古宮先生のやさしさがあふれています。

以下、古宮先生のメルマガから転載です。

ーーーーーー
講演『傾聴のちから〜 どう聴くか、どう活かすか 〜』が開催されます。(大阪経済大学) 参加無料です。 誰もが「自分のことを分かってほしい」と強く願っています。ですから聴き上手な人は貴重です。 傾聴ができると信頼関係を育てることができますから、 友だち関係、家族関係、職場の人間関係などに有益です。

また、悩み苦しむ人のこころの支えになれます。しかし傾聴とは、 単に相手の話にうなづけばいいとか、 相手の言うことに賛成したりする、といったようなことではありません。この講演会では傾聴とはどういうことか、そして傾聴はどのようにすればいいのかについて、 二人の専門家がやさしく語ります。 一人は、諸富祥彦(もろとみよしひこ)氏です。 (大阪経済大学 人間科学研究科 客員教授・明治大学文学部教授) 諸富氏は、現役の心理学者としては日本でもっとも著名な方だと思います。 (なお、学者として著名というよりも バラエティーTV番組の出演者として有名な心理学の方々は除きます) 著書は、専門書・一般書あわせて なんと180冊を数え、 心理学のまじめなテレビ番組への出演も多数おありです。このたび、その諸富先生とわたし(古宮昇)がジョイント講演会をおこないます。

日時 2013年7月17日 (水) 午後6:30−8:00

場所 大阪経済大学 事前申込が必要です。

申し込み方法:7月8日(月)までに、 「人間科学部講演会参加希望」と明記し、 郵便番号、住所、氏名、フリガナ、年齢、性別、職業を記入のうえ イーメールか、FAXか、はがきでお申し込みください。

折り返し、受講票をお送りします。

なお、申込者数が定員を超えた場合には本学による抽選となります。

メール ningenkagaku##osaka-ue.ac.jp(##を@に)
FAX 06-6370-7847
〒533−8533 大阪市東淀川区大隅2−2−8 大阪経済大学 人間科学部講演会係
行き方↓
http://www.osaka-ue.ac.jp/profile/access/

タイトルとURLをコピーしました