諸富からのメッセージ 2010年8月

はじめてのカウンセリング入門(上)―カウンセリングとは何か

新刊『はじめてのカウンセリング入門(上)カウンセリングとは何か(下)ほんものの傾聴を学ぶ』ついに待望の発刊!9月と10月のフォーカシング・ワークショップ開催迫る!

この度、『はじめてのカウンセリング入門(上)カウンセリングとは何か (下)ほんものの傾聴を学ぶ』という本を誠信書房から刊行いたしました。

5年前から書きはじめていた本の・・ようやくの、待望の発刊です!
(上)は、カウンセリングとは何か、その本質はどこにあるのかを、これまでのどのカウンリング入門書よりもわかりやすく説いたまさに決定版!
そして(下)では、私がつくった、5ステップ式傾聴トレーニング法により、より深い、ほんものの傾聴を身につける術を説いたものです。

この本でも書きましたが、私は最近、「傾聴ができないカウンセラーや臨床心理士」が増えていることを悲しく思っていました。私のもとにも、多くの方が「カウンセリングに行ったけど、きちんと話を聴いてもらえない。わかってもらえない」と嘆いて相談に来られます。誰かにわかってほしくて、誰にも言えない話をしに、カウンセラーのところに行ったのに、やっぱりわかってもらえないし、聴いてもらえない・・・・そう訴えるクライアントさんは少なくありません。

話を聴けないカウンセラー・・・これは、笑い話にしか、なりません。いや、ただ笑い話になればいいのですが、実際は、死ぬほどつらい思いを抱きながらやっとのことでカウンセラーのもとを訪れた多くのクライアントさんが犠牲になっているのです。カウンセリングを学ぶすべての人、カウンセリングをしたり教えたりしているすべての人に、ぜひ、読んでいただきたい本です。

あなたが学んできたのとは一味違う、「深い、ほんものの傾聴」とその具体的な学習法がこの本には示されています!

さて、気づきと学びの心理学研究会 アウエアネスでは、夏の定番ワークショップが先週末に終了しました。今回も、すばらしい参加者の方々と出会えて、私はとても幸福でした。私の研究会は、講師以上に、参加者の質が高いともっぱらの評判(笑)なのですが・・・今回もまさにそのような雰囲気で、多くのことを私のほうが学ばせていただきました。参加された方々も、一つでもいいので、何かの気づきを毎日の生活のなかで生かしていただくことができれば、ほんとうにこのうえない喜びです。

さて、次のワークショップは、秋の定番、フォーカシング・ベーシックコースとアドバンスコースです。どちらも初心者の方でも、また、経験者の方でも、深い学びが可能な内容になっています。フォーカシングとは、一言で言えば、自分の内側をていねいに感じて、内側の声をやさしく聴いていく姿勢とその方法のことです。フォーカシングを学ぶと、どうなるか。それはさまざまですが、次の点をここではあげておきたいと思います。

1)自分のことを考えるとき、頭でっかちではなく、自分の内側深くに入っていって、ていねいに「こころの声」を聴いていくことができるようになります。そして、その結果、「ひとりですごす時間」が充実した、自分自身との深い対話の時間になっていきます。あれこれ考えてばかりで、堂々巡りに陥っていた人が、少し距離をとって自分自身の内側に意識を向けて、こころの声を聴いていくことができるようになります。

2)ワークショップに参加したり、カウンセリングを受けたりするときに、頭でっかちな浅い学習しかできなかった人が、より深く、自分自身の実感に触れた学びや気づきを得ることができるようになります。フォーカシングを学ぶことは、「心理学のさまざまな方法の学び方を学ぶ」ようなところがあります。フォーカシングを身につけると、さまざまな学習がぐっと深まっていくのです。いくら学んでもあまり自分のものになっていないように思える人が、フォーカシングを学ぶことで、どの研修会に参加しても、自分自身の実感にもとづいた学びを得ていくことができるようになるのです。

3)フォーカシングを学ぶことは、カウンセリングのエッセンスを学ぶことでもあります。それは、フォーカシングは、もともと、カウンセリングで深い気づきや学びを得ていく人に「共通する体験のエッセンス」を抽出したものだからです。私たちカウンセラーは、クライアントさんに、自分を深く、ていねいに見つめてほしい、と願っています。しかし、まずカウンセラー自身が、自分を深く、ていねいに見つめることができなければ、クライアントさんにそれを望むことはできません。カウンセラーがフォーカシングを学ぶことは、クライアントさんに深く自分を見つめてもらうための必須の前提条件です。カウンセラー自身が自分に深く、かつ、ていねいに触れながら、つまり、フォーカシングしながら、話を聴いていくことが、クライアントさんを自然と、深い気づきと学びに誘っていくのです。

いかがでしょう。ざっとあげただけでも、9月の「フォーカシング・ベーシックコース」で学ぶことのできる内容として、以上の3つがあります。じつは、まだまだありますが・・・それはワークショップに参加された方に直接、お伝えすることにしておきましょう。それまでお楽しみに!さらにこの上に、10月の「フォーカシング・アドバンスコース」に参加されると、次のような、さらなる学びが可能になります。

1)お互いが、自分の内側深くに触れて、内側のこころの動きに、ていねいに意識を向けたもの同士が、「インタラクティヴ・フォーカシング」の方法を学ぶことで、深い、こころの相互交流をすることが可能となります。そしてそれによって・・・自分ひとりでは不可能だった、深い気づきや学びがもたらされます。「フォーカシング・アドバンスコース」2日間の内容で、カウンセリングを10回くらい受けた深い気づきと学びを得ていく方が少なくありません。

自分自身でも「え・・・」と驚くような予想外の、気づきと学びを可能にしてくれるもの、それが「インタラクティヴ・フォーカシング」です。アドバンスコースではこの方法を中心に学んでいきます。それは、事前の予想をはるかに超えた、意外な気づきを与えてくれます。

2)これまでの傾聴の学習では習得不可能だった「深い、ほんものの傾聴」を身に着けることができます。「はじめてのカウンセリング入門 (下)ほんものの傾聴を学ぶ」(誠信書房)で私は、傾聴に5段階の格付けをしました。ふつうの傾聴の練習では、ランクAの「過不足ない、的確な傾聴」までしか学ぶことができません。しかし・・・この「フォーカシング・アドバンスコース」では、それを超えて、「より深い気づきへとクライアントさんを誘っていくことができるランクAAAの傾聴」までをも体得していくことができます。

いかがでしょうか。
どちらのコースも、まったくはじめてという方から、フォーカシングをかなり学ばれた方まで大歓迎です。ほかの講師では不可能な、諸富流の「フォーカシングの世界」をじっくり堪能することができます。ぜひご参加ください!

■2010年9月18日(土)・19日(日)
フォーカシング・ワークショップ ベーシック・コース

気づきと学びの心理学研究会<アウエアネス> 主催
フォーカシング・・・それは、自分の“こころの声”を聴く方法のこと。
このワークショップでは、いわゆるフォーカシングのステップや型にあまりとらわれることなく自分のこころの声を聴く、という原点に立ち戻って、体験していきたいと思っています。

このコースでは、クリアリング・ア・スペースやペア・フォーカシングなどを体験しながら、ゆったりとフォーカシングの基礎をていねいに学んでいきます。フォーカシングのステップや型にあまりとらわれることなく、「自分のこころの声を聴く」という原点に立ち戻って体験していきます。

日程・会場
【講師】 諸富祥彦
明治大学文学部教授、日本トランスパーソナル学会長、臨床心理士
【日時】 2010年9月18日(土)・19日(日)10:00-16:40
【場所】 都内
* 会場は問い合わせのあった方にご連絡します

【参加費】 参加費28,000円
*アウエアネス会員2,000円割引
–昨年までに本研究会に参加された方の割引
*日本トランスパーソナル学会会員1,000円割引

■2010年10月9日(土)・10日(日)
 フォーカシング・ワークショップ アドバンス・コース

気づきと学びの心理学研究会<アウエアネス> 主催
フォーカシング・・・それは、自分の“こころの声”を聴く方法のこと。
このコースでは、ていねいに、こころの声を聴くことを体験するとともに、カウンセリングの実際や生き方の改善に具体的にどう使うかも学んでいきます。また、ジェンドリンの哲学やインタラクティブ・フォーカシングやホールボディ・フォーカシングをとおして、より深い出会いを体験していきます。これまでにない「最上レベルの深い真実のふれあいと共感、傾聴」を学ぶ!カウンセリング・スキルアップ上級編!!

日程・会場
【講師】 諸富祥彦
明治大学文学部教授、日本トランスパーソナル学会長、臨床心理士
【日時】 2010年10月9日(土)・10日(日)10:00-16:40
【場所】 都内
* 会場は問い合わせのあった方にご連絡します

【参加費】 参加費28,000円
*アウエアネス会員2,000円割引
–昨年までに本研究会に参加された方の割引
*日本トランスパーソナル学会会員1,000円割引

申し込み先
1)ご希望のワークショップ名
2)お名前
3)郵便番号・住所
4)連絡先(電話、FAX、Eメールなど)
5)トランスパーソナル学会会員、アウエアネス参加有の場合はその旨

をご記入の上、メール、FAX、郵便のいずれかでお申し込みください。

気づきと学びの心理学研究会<アウエアネス> 事務局
郵便の場合:〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学14号館6階B611
「気づきと学びの心理学研究会事務局」

Eメールの場合
awareness+morotomi.net
(+を@に変えてください)

*FAXの場合
03-6893-6701

年に1回しか開催しないワークショップ、みなさん、ぜひおこしください!

ところで、実は今、沖縄にいます。沖縄教育カウンセラー協会が、21日間連続の夏期講座をおこなっていることにも驚かされましたが(すごいことです!)、国際通りのアイス系スィーツのレベルの高さにも驚かされました(笑)。そすが沖縄!

定番のブルーシールのウベ・アイスはもちろんのこと、沖縄ぜんざい、雪塩フトクリームのしっかりした味の深さ、PUFFY SNOWの繊細な味わい・・・・そして、なんと言っても・・・最大は、ヨーグルト・ランド!!僕は4日間、沖縄にいましたが、ホテルが近かったこともあり、なんと、4回(つまり毎日)いただいてしまいました。イチオシは、ピスタチオ、ココナッツ、ザクロ&ラズベリタート。早く、このお店が東京に・・・しかも職場の近くにできることを願っています。

あまりもおいしかったので・・・ご報告でした。
この夏、1晩1個はアイスを食べている(沖縄では、1晩に3つ)・・・諸富でした。

以下の本もよろしく!

タイトルとURLをコピーしました