諸富からのメッセージ(7月)

7月19日(日)・20日(月・祝)「人間性心理学体験ワークショップ 自分を深く生きるために」開催迫る!

7月19日(日)・20日(月・祝)「人間性心理学体験ワークショップ 自分を深く生きるために」開催が迫ってきました。

定番ワークショップの第1回ということで、ワークの内容もあれこれ考え、工夫して、「すごくハッピーで、深い気づきと学びが得られる内容」にしようと、かなり張り切っていますので、みなさん楽しみにされてください!!

7月19日はもう締め切っていますが、7月20日1日のみの参加も可能ですので、みなさんの参加をお待ちしています!

といっても、やっぱり参加するなら2日間、スタートから終わりまできちんと参加したい、という方もおられることでしょう。

そんな方にお勧めなのは次の「夏&秋のトランスパーソナル&フォーカシング6日コース」(特別割引7万円)です。

  1. 8月15-16日 トランスパーソナル心理学体験ワークショップスピリチュアルな自己発見
  2. 9月19-20日 フォーカシング ベーシックコース
  3. 10月10-11日 フォーカシング アドバンスコース

もちろん初心者の方も大歓迎です!!

4047101982

さて、書籍のほうは、7月10日に角川oneテーマ新書から『「生きづらい時代」の幸福論――9人の偉大な心理学者に学ぶ――』(角川書店)がでます。

マズロー、ウィルバー、クランボルツ、ロジャーズ、ジェンドリン、ミンデル、フランクル、アドラー、パールズという9人の偉大な心理学者が語る「幸福の極意」が1冊でおおまかに学べてしまいます!おまけとして、後半に私の「自伝」もどきがついています。さらに、ここ5年ほどあたためておいた「人生のスピリチュアルな五大法則」もこの本ではじめて公開! たましいをこめて書いた本です。

では、「幸福」って何でしょう

今のところ、私がたどりついたイメージは、こういうものです。

疲れきって、寝転んで、何もする気が起こらないときに、おにぎりをつくってくれる人がいるということ。さみしくて、さみしくて、からだが震えてとまらないときに、そっと肩をふれてくれる人がいるということ。

人が幸福になるうえで、このこと以上に大切なことは、ひとつもないということ。

この本を書き上げていくプロセスは、人生のこの、当たり前の真実を改めて見つめなおすプロセスでもありました。

以下の本もよろしく!

近刊に

  • 『ジェンドリン哲学入門』(コスモスライブラリー)
  • 日本ではじめてのジェンドリン哲学の入門書
  • 『11の徳を教える道徳授業』(明治図書)
  • 『クラス会議で学級が変わる!』(監修 明治図書)
  • –ある教師による、アドラー心理学による学級経営の決定版!
  • 『教師の悩みとメンタルヘルス』(図書文化)
  • –悩める教師を支える会 10周年の実践にもとづくアドバイス

私生活のほうでは、チョコレートにはまりすぎて、だいぶリバウンド気味。ダークチョコに吸い寄せられていく魔力は、恋の魔力に似ていると思うのは、わたしだけでしょうか?

今日は、三沢選手の献花式に行ってきました。なんと会場到着後、3時間も並びました。自己のミッションに忠実に生き、亡くなっていった三沢選手。私も、自分のミッションのために燃え尽きて、灰になるような生き方がしたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました