39歳までは「人生の午前」勢いよく、上昇していく時期

40歳で人は「人生の正午」を迎え

40代半ばから「人生の午後」

深く、内面を生きる時期
39歳までの課題は「しっかりと、地に足を付けて生きることができるようになること」

40代半ば以降の課題は「天を仰ぎ、天の声を聞いて、天から与えられた使命(天命)を果たすこと」

魂の故郷である「見えない世界」へと、悔いなく、未練なく、帰っていくことができるように
30代までと
40代半ば以降とでは

人生の中心軸が「地」から「天」へと転回するのだ

タイトルとURLをコピーしました