諸富からのメッセージ

「年間プログラムの中心」まずは、これからの定番人気ワークショップ

2013年7月20日(土)21日(日)
ひとの目を気にせず「自分らしく生きる」ために
こころのメッセージに耳をすます
「人間性心理学体験ワークショップ」

みなさん、いかがおすごしですか。
私は、そろそろ暗い洞窟の中から出ていこうかな・・・という気持ちでいます。

そんな中でおこなわれた先週の「自分創造ワークショップ」。
今年度最初のワークショップでしたが、おかげさまで、とてもいい雰囲気で今年度のスタートをきることができました。

それにしても、思うのは、この研究会の最大の魅力は「参加者の方の質」がすばらしいことです!

多くの方から、「アゥエネスのワークショップは、参加者の質がいいので、安心して楽しく参加できる」との声をいただいています。

私も、そう思います。

ワークをおこないながら、みなさんが自分と深く向き合いながら、ていねいに(そしてもちろん楽しく)こころの声に耳を澄ませていく姿が、とてもよく伝わってきました。

すばらしい参加者のみなさまとのご縁に、心から感謝いたします。

そして、次回、7月と8月は、いよいよ、今年度の「二つの中心プログラム」の開催です!

まず、7月のワークショップは、いよいよ

「年間プログラムの中心」である、定番人気ワークショップ

2013年7月20日(土)21日(日)
ひとの目を気にせず「自分らしく生きる」ためにこころのメッセージに耳をすます
「人間性心理学体験ワークショップ」
です
201307
PDFファイル
人間性心理学とは、何でしょうか。

カールロジャーズの主著『オン・ビカミング・ア・パーソン』(邦訳『ロジャーズが語る自己実現の道』)のタイトルが示しているように、人が、人になること。

「あぁ、これが私だ!」

「私は、ほんとうは、こう生きていたかったんだ」

「私のこころが、深いところで、本当に望んでいたことは、これだったんだ!」

そんな「気づき」を得ていく心理学、それが人間性心理学です。

自分のこころのメッセージを聴きながら、より自分らしい自分になっていく。

それが、人間性心理学です。

このワークショップでも、ロジャーズのクライアント中心療法、ジェンドリンのフォーカシング、パールズのゲシュタルト療法、フランクルの実存分析、マズローの自己実現論や至高体験などのエッセンスをきちんと紹介しながら、それを自分自身のこととして、深く体験していくことができるように、さまざまなワークをおこなっていきます。

カウンセリングやコーチング、エンカウンターなどの一番のベースになっているのが、何といっても、人間性心理学なのです。

ですので、「どのワークショップに参加したらいいですか」とたずねられた方に、「まずはこれから!」とお勧めしたいのが、7月の人間性心理学体験ワークショップです。

人間性心理学のそれぞれのアプローチのエッセンスをしっかり踏まえながら、ジャズを演奏するように、諸富がオリジナルに組み立てながら、最高に楽しくて、深い気づきのあるワークをおこなっていきます。

ワークショップははじめて、という方も、どうぞ、いらしゃってください。「まずはこの人間性心理学体験ワークショップから!」が、学びの定番コースです!

昨年までやっていなかった新しいワークも、どんどんおこなっていきますので、これまで参加されたことのある方も、ぜひいらしてくださいぜひご参加ください。

そして、もう一つは、
2013年8月10 (土)・11日(日)「運命の声」を聴く!!
スピリチュアルな自己発見!「前世」「来世」「守護霊」などの観点から自分を見つめる
「トランスパーソナル心理学体験ワークショップ」
です。
201308
PDFファイル

もともと、この気づきと学びの心理学研究会アゥエアネスは、この二つのワークショップを開催することからはじまりました。

年間の6つのプログラムの中でも中心となり、もっとも人気があるのが、7月8月の二つのワークショップです。

この二つが年間を通しての柱となるワークショップです。

はじめての方も「まずはこの二つのワークショップから」ぜひご参加ください。

もちろん、すでに参加されたことのある方も歓迎します。

学びが生きた学びとなるためには、「反復練習」が大切です!繰り返し体験することで新たな発見もありますし、人生にほんとうに生かすことのできるものになっていきます。

割引コースとして、7月と8月の「4日間 人間性・トランスパーソナル心理学定番コース」もあります。

4月のワークショップに参加された方は、6日間人気ワークショップ割引コースが適用されます。ぜひあわせてご参加ください(割引コースのご案内)。

申し込み先

1)ご希望のワークショップ名
2)お名前
3)郵便番号・住所
4)連絡先(電話、FAX、Eメールなど)
5)トランスパーソナル学会会員、アウエアネス参加有の場合はその旨をご記入の上、

メール、ファックス、郵便のいずれかでお申し込みください。

気づきと学びの心理学研究会<アウエアネス> 事務局
郵便の場合:〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学14号館6階B611
「気づきと学びの心理学研究会事務局」

Eメールの場合

*FAXの場合
03-6893-6701

著書紹介

新刊「ひとり悩むあなたを支える言葉 心を救った偉 大なセラピストからのメッセージ」(すばる舎)
ひとり悩むあなたを支える言葉~心を救った偉大なセラピストの教え~

私自身の魂に響いた偉大なセラピストの言葉を諸富が解説しています。ロジャーズ、フランクル、バールズ、森田正馬。

カウンセラーの方であればコピーしてクライアントの方に渡したく なる、そんなほんもの中の本物の言葉を選びましたた。ひとりで悩 んでいる時にカウセリングや心理学の学習にぜひお勧めの一冊です!

読書療法としても使えます!

ここでは、森田の言葉を一つ紹介しましょう。

もしあなたが今、何かに思い煩い、せきたてられ、痛みや苦しみを感じていたとしても、そのままでいい。
徹底的に苦しめ。
そうすれば、いつの間にかその状態か解放されて楽になれるから。

<諸富による解説>

苦しんで苦しんで苦しみぬき、悩んで悩んで悩みぬく。そうやって、悩み苦しみがとことん深まり極まった時に、人はその悩み苦しみからスポンとぬけ出ることができる。人間の悩みに関する逆説的真理を森田療法の創始者・森田正馬「煩悩即解脱」と呼びました。

この言葉は森田自身の体験にもとづいています。

森田は、学生時代いくら悩んでも悩みが消えませんでした。父親からの仕送りも断たれてしまい、運命を呪った彼は、こうなったらもう一睡もせず、飲まず食わず寝ずでとことん勉強してやろう、そうしたら俺は死ぬに違いないと思って食事もとらず、睡眠もとらずに限界まで勉強したのです。

そうすると、死んでしまうどころか予想に反して、いつの間にか悶々としたその状態からスポンとぬけ出ることができたのです。いつの間にか、いわゆるノイローゼの状態からぬけ出すことができた自分に気づいたのです。

このことから、森田は、人間の悩み苦しみというのは、それが極限にまで達した時にスポンと悩んでいる状態からぬけ出て、悩みが悩みでなくなる。そういう境地に自然とたどり着くことができるということを発見したのです。

この自らの体験をもとに、森田は森田療法という独自の心理療法を創っていったのです。

こういった魅力的な言葉が満載の本です。

ぜひお読みください。

きっといつか、あなたの支えになるはずです。

諸富祥彦著『ビクトール・フランクル 絶望の果てに光がある』が、ワニ文庫から近日発売されます。

以前にKK1ベストセラーズから出た『生きる意味』の改訂版です

表紙もぐっとよくなっています。

よければこちらもお読みください

タイトルとURLをコピーしました