新しい年へのメッセージ(12月)

魂のミッション

2012年
私は、「魂のミッション」という言葉をキーワードに、すべての活動の柱に据えていこうと思っています。
では、「魂のミッション」とは、何でしょうか。
私は、私たち一人ひとりの魂には、暗黙の「ミッション」が刻印されている、私たちがこの世に生まれてきたことの意味、今こうして生きていることの意味と使命が潜んでいる、と感じています。
カウンセリングやワークショップの場において、「魂のメッセージ」に耳を傾けていくと、それまで潜んでいた「自分の物語」が浮かび上がり、紡ぎ出されてきます。たとえ表面的には、人生がうまくいっていなくても、こころの深いところが満たされてくるのです。
カウンセリングやワークショップの現場では、日々、そういうことが起きています。
「魂の次元で満たされた生き方」が可能になってくるのです。

4788910462

この冬に、ぜひ読んでいただきたい本が出ましたので紹介します。
9つのライフ・レッスン: 3・11で学んだ人生で一番大切なこと 』(実務教育出版)です。心が優しくなるイラストもたくさん入った「穏やかさ」をエッセンスに持った本です。
また、この本のワークシートに書いていくだけで、自分の生き方を深く見つめていくことができるようになっています。ぜひ手にとってご覧ください。

この本の「はじめに」の部分を紹介しましょう。

9つのライフ・レッスン: 3・11で学んだ人生で一番大切なこと
「はじめに」

多くの人が、今、こんな思いを抱き始めています。
「人生はいつ、突然、終わりがやってくるか、わからない」
「人生には、〝想定外〟の出来事がある。いつ突然、何かが起こって、これまでとはまったく違う人生になっても不思議ではない。何か、思いもかけないことが突然起こって〝いつかしたい〟と思っていた人生計画が、パーになってしまうかもしれない……」
二〇一一年三月一一日……あの日から、「人生の流れ」がどこか、根本的なところで、大きく変わり始めた……と感じている方が少なくありません。
「人生には、いつ、何が起きるかわからないこと」
「昨日まで〝当たり前〟だと思っていたことが、いつ突然、〝当たり前〟ではなくなるかもしれないこと」
このことを、この国に住んでいる多くの人が身に染みて感じ始めています。
実際、私たちは、次にいつ、どこで大地震が起きてもまったく不思議ではない、そんな国に住んでいるのです。その中で、賢明な方だけが気づき始めている、〝人生の真実〟があります。
それは、

私たち、無力な人間にできること。それはただ、「今、この瞬間」を心を込めて生きること。ただそれだけだ、ということ

このことです。
・・・(中略)・・・
あなたは、いかがでしょう。
いつ突然死が訪れても「これでよかった」と心の底から思うことができる、そんな毎日を今、生きていると自信を持って言えるでしょうか。
心の底から、そう思うことができる人は、すばらしい方です。
しかし、多くの方は、そう言い切れる自信はないのではないでしょうか。
私もそうです。そんな人生を生きていることができているかどうか、不安があります。
そしてその不安は、日々をつい、流されて生きてしまう人間の誰もが心のどこかで抱いている、当然の不安なのかもしれません。
3・11の大震災は、多くの人にとって、人生の真実に、自分の魂の深いところに触れる貴重な機会にもなりました。
私の知人の、「瞑想のピアニスト」ウォン・ウィンツアンさんはこう言いました。
「3・11の大震災のあと、少なくとも一ヵ月間は、この国全体が、大きな祈りの中に包まれていたよね」と。
ウォンさんのこの言葉は、胸にじーんと響くものがありました。
一人一人が悲しんでいた、祈っていた、のではありません。
この国全体が「大きな祈りと悲しみの中にいた」のです。
賢明な人とは、人生の出来事から学ぶことのできる人です。
も しあなたが賢明な人間であったなら、3・11の震災から学んだ、人生の大切なレッスンを――「死は、いつ突然襲ってくるかもしれない、ということ」を、そ して、私たち無力な人間にできることは、「ただ、この一瞬一瞬を心を込めて生きること」「いつ突然、人生の終わりが訪れても、思い残しがないように、日々 を生きていくこと」でしかない、ということを――このことを、胸に刻んで日々を生きておられると思います。
・・・(中略)・・・
この本で私は、次の「9つのライフ・レッスン」によって、「人生で一番大切なこと」をみなさんと共有していければと考えています。

ライフ・レッスン❶
「もし明日死んでしまうとしたら」……と、日々自分に問いかけながら生きていきなさい。「今日一日が人生最後の日」と思って日々を生きていくのです。
無力な存在である私たち人間にできる最大のことは、「日々、一瞬一瞬、心を込めて生きる」、ただそれだけなのですから。
一日の最後に、毎日「自分は、今日という時間を大切に生きることができたかどうか」振り返る時間を持ちましょう。

ライフ・レッスン❷
「いつかしたい」とずっと思っていたこと、「ずっとしたかったこと」は、先延ばしせず、今、しなさい。「そのうちやってみたい」と思っていたことがあれば、前倒ししてどんどん行なっていきなさい。

ライフ・レッスン❸
(1) 「本当にしたいかどうかわからないこと」は「しない」と決める――「Not To Do リスト」(「これはもうしない、と決めたことのリスト」)をつくって本当にしたいかどうかよくわからないことは「しない」習慣をつくりましょう。したいか したくないか、自分でもよくわからないことは、「しない」と決めましょう。そんなことのための無駄な時間は、あなたには残されていないのかもしれないので すから。
(2)「本当に大切かどうかわからない人」とは、「関わらない」と決める――しがらんでいる人間関係を、思い切って、バッサリ整理してみましょう。しがらみのために使う無駄な時間もエネルギーも、あなたには残されていないのかもしれないのですから。

ライフ・レッスン❹
あなたにとって大切な誰かに「いつか伝えたい」と思っていることがあったら、先延ばしするのはもうやめて、「今すぐ、伝えましょう」。その気持ちをその人に伝える機会は、二度とめぐってこなくなるのかもしれないのですから。

ライフ・レッスン❺
人生でもっとも大切なものは、「時間」です。そして時間の中でもっとも大切なものは、「大切な人とのふれあいの時間」です。なぜならそれは、この機会を逸してしまったら、二度と戻ってこないものだからです。
大切なあの人と、いつ突然、別れが訪れても思い残しがないように、この一瞬一瞬を、心を込めて、過ごすようにしましょう(例:仕事の予定よりも先に、「大切な人と過ごす時間」を手帳に書き込んでしまいましょう)。

ライフ・レッスン❻
自分の心と向き合う「ひとりの時間」を一日に五分でいいから、持ちましょう。
「自分が本当にしたいことは何なのか」「自分の人生に与えられた使命(ミッション)は何なのか」「これをせずには、死ねない」と思うことは何なのか、自分の心に問いかける時間を持ちましょう。
すべての人間は、この世に生まれ落ちるときに、その魂に固有のミッション(使命)を刻印されて、生まれ出てきているのです。

ライフ・レッスン❼
したくもない仕事のために「何よりも大切な時間」を使うのをやめにしましょう。たとえ、収入が下っても、「日々、魂が満たされる仕事」をしていくことが、「悔いの残らない人生」を生きていくための、もっとも大切な知恵です。

ライフ・レッスン❽
今、日本は、いつ経済の破綻が起きてもおかしくない状態にあります。都知事が、「日本はあと三年くらいで破綻する」と言ったのです。
いつハイパーインフレが起きて、これまで貯めてきたお金の価値がゼロになっても悔いの残らないよう、無目的に貯蓄するのはやめて、「今、本当にしたいこと」のために、お金を大切に使っていきましょう。

ライフ・レッスン❾
「これをしなくては、と思い立ったこと」があれば、二週間以内に必ず、ほんの小さなことでもいいから、始めましょう。二週間以内に何も始めない人は結局、いつまで経っても何もしない人、人生を変えることのできない人です。

この本を読まれたひとりでも多くの方に、「日々、一瞬一瞬を、心を込めて生きる」、その感覚を伝えることができれば、これ以上の喜びはありません。

また、この本の内容にもとづいて、自分の人生をみつめていくワークショップがおこなわれます。ぜひご参加ください。

「もし、明日死んでも悔いが残らない」…そんな「心の底から満たされた人生」をつくる!
「自分」創造ワークショプ

2012 年4月21日(土)10:00 ~ 17:15
22日(日)10:00 ~ 16:40


チラシPDFファイル

「いいこと」が次々起こる「幸運体質」になる!!
偶然(シンクロニシティ)をチャンスに変える生き方
このワークショップでは、J.C.クランボルツの「プランド・ハップンスタンス・セオリー」やユングの「シンクロニシティ」、ヒルマンの「魂の心理学」、ミンデルのプロセスワークなどを体験的に学びながら、偶然の出来事や出会いを生かし人生を豊かにする「自分」
づくりの方法を学んでいきます。

充実した「幸せな人生」を創っていきたい方、これまでの人生をふりかえり「自分らしさ」を生かした人生を歩んでいきたい方、カウンセリング、教育、医療、人 事、コーチング、キャリアアドバイザー、福祉など、「人の人生」にかかわる仕事や勉強をしている方にお勧めのワークショップです。

講師:諸富祥彦(明治大学文学部 教授、臨床心理士、日本トランスパーソナル学会会長)
場所:都内
参加費:28,000円
1日のみ参加:16,000円
*アウエアネス会員の場合は2,000円引き(昨年までにアウエアネスに参加経験がある方のための特別割引制度)
*日本トランスパーソナル学会会員の場合は1,000円引きを致します。

<お申し込み、お問い合わせ>
気づきと学びの心理学研究会<アウエアネス>事務局 
E-mail :   FAX : 03-6893-6701
 〒101-0062  東京都千代田区神田駿河台1-1明治大学 14号館 諸富研究室内
ワークショップ情報:諸富祥彦HP(https://morotomi.net/)
1.ご希望のワークショップ名② お名前 ③ 郵便番号・ご住所④ 連絡先(電話・FAX・メール等)⑤ 日本トランスパーソナル学会 会員である場合、アウエアネスのワークショップに参加経験がある場合はその旨をご記入の上、メール、FAX、郵便のいずれかでお申込みください。

4788907879

この本の前作『「とりあえず5年」の生き方』(実務教育出版)もお読みください。この本にも、さまざまな書き込み式ワークショートも入っています。書くだけで、自分を見つめる「セルフ・カウンセリング」の効果があるものです。

4837965717

読むだけで心のクヨクヨがふっきれる22の方法」(三笠書房)は、人の目を気にせず、自分らしく生きるための技術を、わかりやすく、さらっと伝えてあります。
だけど、読んでいただくと、わかりますが、結構深い内容も書いています。

また、以下の本もぜひお読みください。

悲しみを忘れないで

「本当に大切なことを伝えたい」
そんな思いがワーッと込み上げてきて、ニケ月くらい、ほとんどトランス状態で、何かに憑かれたような状態で、原稿を書いていました。そんな思いを抱きながら書いた本の第一弾が『悲しみを忘れないで』(WAVE出版)です。
たましいのこもった渾身の一作です。
ひと言
ひと言
こころを刻み込むように書きました。

カウセリングを学んでいる方、教えている方、カウンセラーの方、傾聴を学んでいる方へ

ぜひ読んでいただきたいのが、『はじめてのカウンセリング入門』(上 カウンセリングとは何か)(下 ほんものの傾聴を学ぶ)の2巻です。この2冊を読むと、カウンセリングの一番大切なことがわかる・・・そんな「決定版」のつもりで書いた5年越しの力作です。ぜひこの冬休みにお読みください。

4414403685 4414403693

親御さんへ


冬休みをお過ごしの方のために、教師向け、親御さん向けの本も紹介しましょう。

4413038134

青春出版から『子どもの心を救う親の「ひと言」』が発売になりました!

私がカウンセラーとして、親御さんとお会いしていると一番多い質問は「先生、こんな時、親として、何と言ってあげたら、いいんですかね」という質問です。
私が「こんなふうに言ってみたら、いかがですか」とアドバイスしている内容を集めたのが、この本です。
子育てについて、これだけ具体的で、有益な本はなかなかない、という自信作です。

4872904451

また、大人気の『男の子の育て方~「結婚力」「学力」「仕事力」。0~12歳児の親が最低限しておくべきこと。~ 』『女の子の育て方』(WAVE出版)も、ますます多くの方に読まれています。この本で、お子さんへのかかわり方が変わった、と言ってくださる方が少なくあります。
男の子、女の子をお持ちの親御さんすべてにお読みいただきたい本です。

4872905016

大好評の『男の子の育て方』につづいて多くの方に読んでいただいているのが『女の子の育て方~「愛され力」+「自立力」=「幸福力」。0~15歳児の親が必ずしておくべきこと。~ 』 です。わが娘にしあわせにってほしい・・・と願うすべての親御さんに「女の子がほんとうに幸せになるための、とっておきの秘訣」をわかりやすく伝えてあり ます。自分一人でも生きていける「自立力」と、「愛され力」の二つが、女の子の幸せのキーワードです。

4796685677

また、本を読むよりマンガのほうが・・・という方向けに、宝島社から、『マンガでわかる 男の子の伸ばし方 』が発売中です!


学校の先生方に

4873804248

プロカウンセラー諸富祥彦の 教師の悩み解決塾』(教育開発研究所)が出ました!
この本は、先生方が長い教師人生の中で、さまざまな悩みや問題に直面した時のために「こうすればいいんですよ」「こう考えて作戦を練っていくと、うまくいくかもしれませんよ」と、具体的なアドバイスをちりばめた本です。
「教師の悩みは、これ一冊あれば、大丈夫!」そんな本になったと自負しています。
「教 師人生の歩み方」「教師力パワーアップ法」「教師のしあわせ力アップ法」についても、具体的なアイディアを数多く紹介しました。他の「教師の悩み解決本」 にない、本書の大きな特徴は、ここでしょう。教師が「自己成長」に取り組みながら、より豊かで幸福な人生を歩んでいくための具体的なヒントを心理学の理論 をもとに紹介しました(第五章)。
「本書をお読みいただければ、どんな先生にも、必ず、いくつか役に立つヒントが得られるはず!」―-そんな内容の本になっています。内容は多岐にわたります。
・学級経営や授業の悩みとその解決策
・保護者対応の悩みとその解決策
・うつ病をはじめとするメンタルヘルスの対応策や、じょうずなストレス解消法
・じょうずな教師人生の歩み方
・「幸せの波」に乗る方法
・「出会い」を生かして人生を豊かにする方法
ほかにも、たくさん、あります!
いつもクヨクヨ悩んでいる先生方には、周囲の期待に応えようとしすぎて、自分を責めてしまう「過剰適応」的な側面があります。「私がダメなんだ」「私なんて教師を続けていいのかな」と自分にダメ出しばかりしてしまう悪い癖がついているのです。
そんな方もぜひ、本書をお読みいただき、周囲の評価に左右されない「自分づくり」に役立ててください。そして、より自由に、タフに成長し続け、「教師力」をアップさせ続けていける教師へと脱皮していってください。そんな願いを持って本書を書きました。
本書が、みなさんの教師人生を、さらに豊かなものにしていくために、少しでもお役に立つことが出来れば、幸いです!

さらに、ぎょうせいから
私が編集代表をして、『5巻シリーズ本 決定版 チャートでわかる! カウンセリング・テクニックで高める『教師力』学校現場で使えるカウンセリングテクニック』が発売開始!

学級づくりと授業に生かすカウンセリング (チャートでわかるカウンセリング・テクニックで高める「教師力」) 気になる子と関わるカウンセリング (チャートでわかるカウンセリング・テクニックで高める「教師力」) チャートでわかるカウンセリング・テクニックで高める「教師力」 (3)

保護者との信頼関係をつくるカウンセリング (チャートでわかるカウンセリング・テクニックで高める「教師力」) 教師のチーム力を高めるカウンセリング (チャートでわかるカウンセリング・テクニックで高める「教師力」)

1巻は、学級づくりと授業の具体策
2巻は、不登校、虐待、非行などの気になる問題を抱えた子への具体的な対応策
3巻は、ふつうの学級での特別支援の具体策。
4巻は、保護者とのいい関係の作り方と、保護者対応の具体策
5巻は、学校で使えるチーム支援の具体策
カウンセリング界最強の技法 プロセスワークを学校問題の解決にこう使う!
などの、なかなかすごい内容になっています。

本をちゃんとよなまくても、チャートを見ているだけで、具体的にどうすればわかる!
あまり勉強していない先生でも、どうすればわかる!
画期的な内容です これは研修で使えます!!
チャートをみんなで読むだけで、どうすればいいか、すぐにわかっています。
学校でのカウンセリングや特別支援、保護者対応、生徒指導、学級経営の本はたくさんあります。しかし、ほんの数分読むだけで、パッと具体的にどうすればいいかヒントが得られる!こんな本は、ほかにないと断言できる自信作です!
なかなか充実した内容で
しばらくは、このシリーズより学校現場で本当に使えるカウンセリング関連の本は、当面出ないと思います!(自画自賛)それくらいの自信作です!

恋愛や婚活に頑張っている方へ

4048689614

また、まったく違う系統ですが(笑)『あなたが結婚できない本当の理由 3日でできる自己改造術』 (アスキー新書 196)

自分でいうのもなんですが、この本の「あとがき」は、結構いいですよ!

結婚指南本で「こうすれば結婚できる! 知恵とハウツー」が満載ですが、諸富の本は、どっこい、それでは終わりません。

くわしくお読みいただくとして、

「あなたがまだ、結婚していないのは、あなたの魂が、あなたを守るためにそうさせてきた」のかもしれないのです!

婚活疲れのあなたには一言
「あなたーは、しあわせになる。 だって、つらいこと、こんなにがんばった♪」

タイトルとURLをコピーしました